主に斜め上なニュースから最近のパチ報告までくだらなさメガゾーン Powered by Amagle AltADs
【みーねるの独り言】
◆PULSE wireless stereo headset Elite Edition
 たいして役に立たないまとめで申し訳ございません。
 その1 その2 その3
 その4 その5 その6
 その7 PS3 Pulse Elite Manager Wireless Headset Applicationのところが重要


◆FF11 ヒゲの旅日記
 ヒゲ日記と書いておきながらアレなんですが、最終BFはコルセアだったことは内緒です。

 FF11における大規模メジャーバージョンアップは今回の星唄で終わりとなります。
 そのため最初で最期となる各追加ディスクに登場したNPCたちが一斉に集うイベントが目白押しです。

 ミッションそのものはアニメや漫画によくある「世界の終末に立ち向かう」王道な物語となっているんですが
 この世界は何度も世界の危機に瀕してきたので緊迫感はあまり感じれなかったのは残念です。

 DAUが降下しているせいもあって、今回のミッションで発生するバトルフィールドのすべてで
 フェイスというNPCが呼び出すことが可能でラストバトルも運が絡みますがソロでの攻略が可能です。
 自分は前述のとおり、フレンドの協力でクリアしましたが、先行していたフレンドはソロでクリアしています。

 フェイスというのは、最近のFF11ではなくてはならない「魔法」で有名なNPCを召喚して
 パーティとして迎い入れることができます。フェローとは違いレベルを上げる必要がなく
 即戦力となるばかりか、タンク、DPS、ヒーラーがしっかりとその役目を果たしてくれます。
 実例だと、自分の場合は過去のコンテンツとなりますがヴォイドウォッチをソロで楽しんでます。
 フレンドはソロでシニスターレインなども攻略中でソロ活動の幅が広がってます。

 話が反れましたが星唄のミッションを進めることで過去のコンテンツの制限が緩和され、
 例えればアトルガンのアサルトチケットの再発行時間が大幅に短縮されナイズル突入に
 限定するならチケットが減らないくらいの間隔で再発行・・・といった感じになります。
 ミシックウェポンは現役武器よりも見劣りしますが、この緩和のおかげで作成に
 取り掛かった人もいるようでアレキサンドライトのバザーは多いです。

 今回のミッションをクリアしエンディングをみたことで、「本当に終わったんだな」という充実感と
 いろんなことを思い出しました。全く知らない人との冒険、その中で出会った大切な仲間、
 無理難題を云ってくるけど復帰した自分を応援してくれた外人さんなどなど・・・このゲームを
 通じて大切なことを知りました。廃人こわE・・・マジこわい(定番

 「自分」の物語はここで終わりますが、やり残していることがたくさんあるので
 これからもまったりとプレイしていこうと思います。


 それとツボチャージの交換アイテム、なんとかしてもらえませんかねぇ・・・・
 もうちょっと飴を用意してもらえるとうれしいです、はい・・・
スポンサーサイト